テンパったときにこそ、大人の余裕を見せよう

hatuyume2016

今日のレッスンで教えていただいたこと。

それは、

どんな状況でも「余裕をつくる」こと。

 

辛いポーズになったとき、

「先生も周りの人もここまで出来ているんだから、私も頑張らなきゃ!」

と無意識に思っていませんか?

 

その時から、そのポーズはあなたにとって「頑張る」ための身体の使い方になってしまう。

ヨーガは真逆のことを行います。

どんなときでも冷静。

自分の呼吸と意志に心をつなぎとめておきます。

 

自分の呼吸とお友達になって。

呼吸も聞けないくらい、余裕がなくなったら、

自然の、心落ち着かせる音楽を聴きましょう。

 

辛いのは、普段使っていないから。

眠っているから。

必要だと感じたら、応えてくれます。

呼吸で優しく目覚めさせてあげよう。

 

そうすれば、どんな状況でも

みんなから頼りにされる、大人の余裕を醸し出すことができますよ!

 

私もそんな大人の女性になりたいです。

 

本日の学びに感謝します。

Hansini

The following two tabs change content below.

教室の詳細につきましてはToppageの先生方の公式サイトを御覧ください。→教室

↓ブログランキング参加中↓ 
応援クリックお願いしますm( )m
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ