サマトワヨーガ入門4-5回目~心を静め、思考の働きを知る~

ヨーガや瞑想を行う際、一般的には「心の働きを止める」と言われていることをよく耳にしますが、

実際に心の働きを止めることは、生きている限り不可能なのだそうです。

 

ただし、ヨーガを始める前に、心の働きを「静める」ことは必要なのだそうです。

なぜなら、物質世界で生きる私たちの心は、五感を通して常に外界の情報を拾い、

解釈しており、その解釈も散漫な心の状態だと、好き勝手に判断してしまい、

ありのままに物事をとらえられないからです。

しかし常に情報が氾濫し、反応し放題の心をいきなり落ち着かせるのは無謀なことです。

心の正体すらわかっていない私であればなおさらです。

心のコントロールは一筋縄ではいきませんが、まずは心の働きを知り、客観的に見ることなのだそうです。
すぐには無理かもしれませんが、諦めるのではなく、心とはそういうものだとストンとサラっととらえておく。

実践では、まずは肉体を使って体験し、心を落ち着かせることをしました。

身体の動きと呼吸のタイミングを合わせていく。

そこだけに集中するにも、だんだん頭の中で関係の無いおしゃべりが始まったりしますが、

気が逸れてもすぐに戻す、その継続こそが訓練になるそうです。

_IMP2129

「ヨガは心と身体を気持ちよく、リラックスさせるもの」

巷では上記のように言われていることをよく耳にしますが、これも違うようです。

ヨーガは、ストレスを抱えていたり、疲れていてはできないものなのだそうです。

心身が健康であることが条件です。

心身に疲労があると、正しい理解や判断が難しくなるのだそうです。

また、その疲労やストレスをまぎらわすために、かえって刺激物を取り入れてしまったりするそうです。

それでは悪循環、中毒的になってしまいます。

疲れていると、無意識に誤った欲求が出てきてしまうのだそうです。

極端に何かをやり過ぎるといった行動をしていないか、自分をよく観る必要があります。

 

ヨーガでは常に宇宙の調和を意識するように言われています。

頭を過度に使い過ぎた時は、思いやりで誰かに接する、働きすぎたらお酒、たばこ、過度なエクササイズ、テレビ、過食などの刺激をさらに与えてしまうのではなく、きちんと休息をとることが必要なのだそうです。

入門1回目の時にも先生がおっしゃっていましたが、ヨーガ初心者の私たちに必要なことは、まずはしっかりと睡眠をとることと教わりました。

意外や意外、とてもシンプルなことだったのですね。

 

そして落ち着くためには、一つのことに集中すること。

心を一つのことに留めておく訓練を、すぐにできなくてもふてくされず、淡々と日常生活の中でも実践していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
Miki

Miki

他者のためになるように、ヨーガの智慧を正しく学ばせていただいております。

教室の詳細につきましてはToppageの先生方の公式サイトを御覧ください。→教室

↓ブログランキング参加中↓ 
応援クリックお願いしますm( )m
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ