プラーナヤーマの練習

夜のお寺でのヨーガは、昼間とはまた違い、さらに落ち着ける度合いが高まります。

先週金曜日は、瞑想とプラーナヤーマの練習をしました。

 

ヨーガの道はまず、「道徳」を学ぶところから始まるのだそうです。

身体を使うアーサナはその後。

そしてプラーナヤーマ。

プラーナヤーマを行うときは、動機を明確にしてくださいと先生から指示がありました。

 

自分の心身の健康のためだけでなく、

他者のために役立つ人間になるため。

 

他者のために役立たせていただくには、まずは自分を調整する。

自分の利益だけのために行じることは、本来のヨーガが目指すところではないそうです。

外から加えるものではなく、既に私たちが持っている「呼吸」という道具で

自分を整えられるということに感謝をしながら行ってください、と先生から教わりました。

他者からの賞賛や評価は求めるところではなく、ただただ謙虚でいること。

それがヨーガの道を歩む者にとって、最も必要なことの一つなのだそうです。

DSCN6140

The following two tabs change content below.
Miki

Miki

他者のためになるように、ヨーガの智慧を正しく学ばせていただいております。

教室の詳細につきましてはToppageの先生方の公式サイトを御覧ください。→教室

↓ブログランキング参加中↓ 
応援クリックお願いしますm( )m
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ